未分類

購入する側と売る側に生じる問題を予防するためにも大切な対策

投稿日:

ホームページを開設して何か商品を販売したいと考えたら、用意をする必要があるのが特商法のページです。特定商取引法に基づく表記は、WEB上でサイトを持ち、商品販売をするなら必ず必要なこと、記載なしでネットで物を売らないよう気を付けなければなりません。

スーパーやコンビニに百貨店などは実店舗であることから、店内に特商法に関しての張り紙をしたり、看板を出したりすることはないです。
対面販売で目の前にお客さんがいて、消費者はその場で商品を選びレジで会計を済ませて帰ります。
昔からある王道の買い物の在り方ですが、ネットのある現代の生活の中で、買い物の仕方は実店舗購入だけではなくなりました。

自宅のパソコンからでもネット通販は利用ができますし、固定のパソコンだけではなく持ち運び常に身近にある、スマホなどでもネットショッピングは楽しめます。
誰もが場所を選ぶことなく時間も自由に、どこででもいろんな買い物をすることができるのが、現代最もポピュラーな買物の仕方です。買い物をする側は何度も訪れているネットショップを利用することもあれば、初めての通販サイトでの買い物をする事もあります。

すでに何度も購入をしている通販サイトなら、買い物の流れや対応なども一通りは把握済みです。
経験があるからこそ安心して買い物ができますし、もし何かあってもメール問い合わせで対処してもらえるので、特に不安を抱える必要はありません。
ところが初めて利用をする通販サイトに関しては、誰しもどんな感じかがわからず、少しだけ利用に不安を持つこともあります。

そこで通販サイトを運営する側はお互いのためにも、不要なトラブルへ発展しないためにも、特定商取引法に基づく表記を必ずサイト内に記載しています。
もしも記載をしていなかったとしてら、速攻で記載をしなければなりません。

国内には最大規模ともいえる大きな通販ショッピングモールのサイトがありますが、小さなホームページで細々販売するサイトもあります。
規模の違いがあれば記載は不要なのかと言えば、決してそんなことはありません。巨大ネットショッピングモールには毎日多数の人がアクセスして、売り上げもけた違いに大きいです。

でも規模の大きさは全く関係なく、たとえ趣味程度の小さなホームページでの販売であっても、必ず特定商取引法に基づく表記を記載しなければなりません。
商品をネットで売る側と、購入をする消費者間に問題が起こらないように、予防策としても役立つのが特定商取引法に基づく表記の記載であるためです。

-未分類

Copyright© 【最新案件調査】虚偽・詐欺・危険な実態はないか検証レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.